NEWS お知らせ

英語教育が必要とされている現代!幼児英語教育のメリットについて知る!

2021.11.15

幼児英語教育のメリット

英語教育において効果的といわれているのは、言語習得に一番良い時期である2歳から5歳の小学校就学前です。この時期から英語が身近にある生活を送ることで、英語が子供にとってコミュニケーションツールとして身に付いていきます。ここでは、現代に欠かせない英語に関して、幼児英語教育のメリットについてお届けします。

日本の英語教育の現状と課題とは?

日本の英語力は先進国最下位レベル

現在、残念ながら日本の英語レベルは、先進国の中で最下位レベルであるといわざるを得ません。主要先進7カ国といわれているのは、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、日本です。また、それに加えて、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スイス、オーストリア、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、アイルランド、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、韓国、台湾、シンガポールなども先進国に分類されます。2020年に発表された世界最大級の語学学校EFが発表した最新ランキングでは、日本は世界100カ国中55位にランキングしており、700満点中487点という先進国で一番下のLow Proficiencyに分類されています。現状、日本の英語レベルに関しては、先進国の中はもちろんですが、実は、世界的に見ても低い位置であることを見せつけられた結果となっています。

英語教育改革での専門家の不在

日本の英語教育の現状では、英語を早期に取り組むことへの期待感に関して、保護者と実際の現場教員との間では、大きくかけ離れている状況といえます。保護者の英語教育改革への期待とは裏腹に、小学校教員の英語力不足改善が課題となっており、英語免許取得者は全体の約6%しかいないのです。また、ALTや外部の英語人材活用にも地域差があり、専門家不足は解消すべき課題として挙がっているのが現状としてあります。

幼児英語教育の現状とは?

日本の教育では、現在、小学校での英語が必修化されています。また、2020年から教育改革で、アクティブラーニングなどの実施をはじめ、英語教育強化が施策に挙げられています。具体的には、英語の教科化、小学3~4年生での必修化です。こうした早まる英語教育の準備として、早期英語教育の需要は高まっています。学校で英語を習う前に、家庭で早くから子供が英語に触れる環境を整えておくことで、小学3~4年生の授業でも理解しやすくなりますよね。特に、中学受験を考えている場合、その対策はとても有効的です。現在では、早期英語教育の環境作りに取り組む家庭が増えており、英語教育の重要性や意識が高まっています。それに伴い、英語教育学習に適切な時期はいつか、悩まれている親御さんは多いのではないでしょうか?幼児期に英語教育に触れる年齢は、早い程良いとされています。英語学習のカギを握る英語脳や英語耳が養われる時期というのは、0~6歳までという見方があります。なので、早期段階で子供が積極的に英語と触れあうことは重要なポイントなのです。特に、0~3歳で英語学習を始めると、耳に入る周りの音を沢山吸収しやすい状態なので、この時期に、英語は自然なものとしてインプットさせることが大切です。そして、4~6歳で、英語で人とコミュニケーションを積極的に行うことがポイントになります。ゲーム、ダンス、音楽などを活用しながら学習していくと、効率的に英語を身に付けられるといわれています。