NEWS お知らせ

親子留学のメリットとは?

2021.09.06

親子留学のメリット

クリエイティビティの向上

ある研究報告によると、海外生活経験者の学生というのは、そうでない学生に比べて、高いレベルのクリエイティビティを持っている、ということが明らかになっています。クリエイティビティというのは、通常と違う視点や方法によって課題解決する能力です。つまり、アイディアの柔軟性を指しています。また、異文化体験は、繋がりや関わりの基礎となる、認知スキルアップにも有効であるといわれています。物の使い方を挙げても、従来の発想や既存方法に捉われず、柔軟な思考で考えたり、機能的な固定観念を打ち破った考え方、物事の捉え方、認知ができたりするようになるのです。こうした多面的視点を養える力というのが、親子留学した経験によって培われているのです。
では、海外生活経験者が、何故、クリエイティビティが高いのかですが、そのカギは新たな文化に適応する時の、オープンマインドなアプローチなのです。昨今は、インターネットで色々な情報がすぐ分かる時代になっていますが、旅行などで新しい土地を訪れた際の体験は、昔に比べて価値が増して高まっています。これは、海外生活体験も同様で、海外生活が親子にとって貴重な経験となることは間違いありません。

自己肯定感が高まる

親子で、今までに訪れたことのない海外生活というのは、普段の日常を生活から外に出て、自己肯定感の向上や内面的成長を図るためにもとても効果的です。海外を旅した方であれば感じたことがあると思いますが、海外で遭遇するカルチャーショックには、実は多くのポジティブな側面があるものです。自分自身を洞察して深めて、変化適応する方法を得るには、新たな刺激を受けることは有効です。お子様を海外留学させ、異なる文化や言語を持つ方と触れ合いながら、日常では得られない貴重な経験を得ることに繋がります。

新たなスキル身に付く

お子様が習得できるスキルというのは、英語を学ぶことだけに限りません。会話能力の向上はもちろんですが、普段と異なる状況での適応力、独立心、責任感などのスキルも育んでいくことができます。たとえば、普段の慣れ親しんだ箸を遣うのではなくナイフとフォークで食事すること、滞在先の近くにあるビーチで泳げるような生活、これらはお子様にとって海外を訪れたことで経験できることですよね。自分の国とは異なる社会や文化を目にし、今後の自分の人生において新たな価値観を身に付けることになったり、潜在的な可能性に目覚めるきっかになったりします。これからの時代では、国際的に通用するスキルを持つ人材は、今以上に重宝されることは間違いありません。そこで、幼少期から、将来、仕事上での強みとなるきっかけ作りに向け、今から準備しておくことがとても重要なポイントなのです。

日本への感謝の想い

子供の頃に経験した海外留学は、日本の普段の生活に感謝できるきっかけにもなります。現地の人との触れ合いを通じ、異文化、考え方、行動など、沢山のことに気気付きをもたらします。一般的に海外の人というのは、とてもカジュアルな姿勢や態度で接するので、現地を訪れた日本人は、初めは慣れずに戸惑うこともあります。たとえば、電車は5分以内の遅れなら、それは予定時刻の範囲内なので、特に遅れとは誰も思いません。日本では、分単位で電車が正確運行されるので、すぐにクレームが起きますよね。海外生活を経て日本に戻った際に、些細なことでも日本の恵まれた日常に気付くことにも繋がり、改めて、ありがたみを感じるきっかけにもなるでしょう。