NEWS お知らせ

早期英語教育のメリットとは?

2021.07.19

早期英語教育のメリット

吸収・習得しやすい時期

早期英語教育といわれる2歳から5歳の年齢は、家族や周りの人が話す声を聞いて、その言葉を真似して口を動かし始める時期です。スポンジのように、何でも脳吸収しやすい年齢といわれる時期になります。その理由は、幼児期というのは、一番、脳細胞が活発に形成されており、増加時期にあたるからです。逆に、歳を取る程に脳細胞は減少します。つまり、学習能力が非常に早期英語教育では、英語をしっかり吸収することができ、高い英語学習の効果をもたらします。

ネイティブに近い発音の習得

日本語の音を綿密に聞き取って覚える2歳から5歳の間は、耳からの情報を吸収しやすい時期です。英語は、日本人が使わない音やリズムを使う言語なので、ある程度、年齢を重ねた段階ではネイティブ発音の習得はとても苦労します。しかし、早期英語教育では、耳が非常に良い時期に英語の音を聞き分ける学習が成されるので、ネイティブに近い発音を身につけることができます。日本語訛りの英語というのは、実は、ネイティブにとっては非常に聞き取りにくいので、将来、コミュニケーションのツールに活かすのであれば、ネイティブに近い発音で育てていくに越したことはありません。英語には、LやRのように、日本語にない発音があります。これは、英語学習で日本人が苦労するポイントなので、早期英語教育を始めることで、英語に耳が慣れるメリットがあります。早期教育によって英語耳を作るにはリミットがあるのですが、諸説ありますが、3歳頃までに英語音を聞き取る教育を始めるのが一番良いとされています。

日本語を覚える感覚で習得

小・中学校に入ってから、英語教育で大きなネックになることは、勉学として英語学習することです。英語が義務教育となった現代では、高校受験や大学受験でも必須科目になっており、勉強せざるを得ない状況です。しかし、あくまでも筆記試験上で有効な英語を学ぶだけで、話すよりも読み書きの学習に偏ってしまっています。なので、全くコミュニケーションツールとして、英語を使ったり活かしたりすることができません。中学から高校まで6年間英語を学ぶ日本人の多くは全く英語が話せない現状があるのは、日本での学習方法にあります。しかし、2歳から5歳の年齢に行う早期英語教育では、英語を勉強として捉えずに柔軟な対応ができます。日本語のようにコミュニケーションツールとして覚えいくので、英会話能力が身に付きやすくなります。

まとめ

ここでは、英語早期教育のメリットについてお届けしてきましたが、いかがでしたか?グローバルに活躍できる人材ニーズが高まる現代では、世界共通言語である英語の必要性が高まっています。そのため、英語を母国語としない子供達に、早期英語教育で英語を身に着けさせることが大きく注目されています。英語ができるようになることは、バイリンガルになるということです。幼少期であっても第二言語で英語を習得することは、聴覚器官が柔軟で感受性が豊かな時期に英語に触れる経験は、お子様にとても意義のあることといえるでしょう。