NEWS お知らせ

英語は早い内から習得するのが一番!英語早期教育のメリットについて知る!

2021.07.05

英語早期教育のメリット

現代では、グローバル化が進み、英語スキルが当たり前に求められる世の中になっています。こうした時代の変化を肌で感じることが多いこの頃は、お子様への早期英語教育について考えておられるご家庭の方は多くなってきています。ここでは、英語早期教育のメリットについてお届けします。

英語早期教育とは?

現代社会は、グローバル社会と呼ばれる時代になっており、現在は、英語を話せる人材が貴重な時代は終わり、英語が話せて当たり前の時代になっています。ここ数年の間に、英語教育を積極的に導入する小学校、幼稚園が増え、こうした背景からも将来において英語の習得はしておくべきものとなっています。しかし、「小学校に入ってからでは遅いのでは?」という意見も増加してきており、英語教育において特に効果的時期と言われている2歳から5歳の小学校就学前から教育していくことを大事にする傾向が強くなっています。言語習得に一番良い時期とされているのがこの時期であり、英語が身近にある生活を早くからさせることで、英語が子供にとってコミュニケーションの手段となるように身に付けさせることができると言われています。早期英語教育というのは、一般的には中学入学前に行う英語教育です。つまり、小学校で導入された英語教育も早期英語教育になります。このように、早期英語教育が始まった要因には、中学校からの英語教育では受験対策勉学になるだけで、コミュニケーションとして英語力は身に付かない点が挙げられています。しかし、現在は、「小学校での英語教育を遅い」という見解が広まりつつあり、英語教育は母語を覚え始めて間もない会話を始める、2歳から5歳の時期が特に良い時期だといわれています。

2カ国語を喋りながら育つことは珍しいことでは無い!

日本で生まれ育った子供が、早期から母国語と英語の2カ国語教育を行うことは、非常に特殊に感じられますよね。しかし、世の中には公用語が複数ある国は何も珍しいことではありません。それどころか、国民の大半が2カ国語以上を話す国の方が多いくらいです。では、世界でどの位の人々が2カ国語環境で育つのかというと、たとえば、欧州では約55%の人が2カ国語以上、約25%の人が3カ国語以上を扱います。また、人口の多いアフリカやインドをはじめとするアジア地域でも、2つ以上の言語を話すことが普通なのです。このような数字見ると、世界人口の半数以上が2カ国語以上を話すことが分かります。つまり、早期英語教育は、国によっては当たり前であり、そんなことは話題にすらならないのです。なお、人口の大半が1カ国語しか話さない国は多くはありません。また、英語が公用語であっても、カナダ、アメリカ、オーストラリアなど、移民で成り立ってきた国というのは、少なからず2カ国語以上を話すのが現状です。なので、日本で2ヶ国語を学ぶことは、現代社会においては必須ともいえるでしょう。

英語学習が必要となる理由とは?

ビジネスのグローバル化

ビジネスの世界では、国境線の意味が薄れてきています。インターネットを軸にした企業では、創業時期から世界市場を狙って動いています。また、インターネット以外の領域でも、国を超えた企業合併や買収は盛んに行われる時代です。日本で働いていても上司が外国人という環境も、今は現実にある世界になっています。それに、海外市場を狙う日系企業も増えており、日本にいながら海外企業とメールや電話で取り引きする機会も増えています。海外出張や海外駐在を希望しないにしても、将来的に外国人と関わりながら仕事を行う環境がもっと身近になる時代になっているといえるでしょう。

転職・キャリアアップ

英語ができるということは、仕事を得るチャンスを掴む第一歩にもなります。英語は、ビジネスでは世界の共通言語なので、英語が話せるだけで仕事においても便利になってきています。世界中どこへ行っても、英語ができることで就ける職種は広がりますし、仕事のキャリアップにも繋がる手段にも活かすことができます。

世界について洞察力を得る

英語は、ウェブ上で最も使用されている言語であることを知っていましたか?英語が分かることで、得られる情報量も何倍にも多くなります。世界の色々なことを理解しながら、コミュニケーションを取っていくには、英語が最も重要な手段ともいえるでしょう。英語を理解することで読み聞きが可能になり、もっと多くの方と交流を深めていけることにも繋がります。